31828_P_1636912443255

セリーヌ パーカー 2022年春夏コレクション – 心の奥底に“多面性”を抱えて

セリーヌ パーカー今季のリミ フゥのキーワードとなるのは“女性の多面性”。強さ、美しさ、繊細さなど、心の奥底で複雑に絡み合う様々な要素を織り交ぜながら衣服に投影した。


セリーヌ パーカー 偽物 スウェットシャツ ルーズ コットン フード ロゴ 2Y528450I.03FW
レディースファッション » トップス » パーカー・フーディ
型番:
2Y528450I.03FW
2Y528450I.38AW
【素材】
コットン 86% カシミア 14%
【仕様】
“セリーヌE PARIS トリオンフ”プリント
“ルーズ”フィット
フード付きカラー
セリーヌ刻印入りストッパーと調節可能なストリング
リブ編みトリム
【付属品】
保存袋、箱などの全ての付属品
流れるような仕立てで形作られるウェアは、身体とつかず離れずの絶妙な距離を保ちながら優しく身体を包み込んでいる。布地を斜めに用いて仕立てたアシンメトリーなドレスは、布地をそのまま巻き付けたかのようなシンプルなパターンに見えるものの、身体のラインと連動して生まれる緩やかなドレープが絶妙なバランスを作り出し、優雅なシルエットを形成していく。

ブラックのプレーンな生地を重ね合わせるようにして構築したドレスや、背面がざっくりと開くデザインのドレスは、“布と布の間”から身体が見えるセンシュアルな佇まいが印象的。前身頃にたっぷりと生地を使い、後ろ身頃を極端に短く仕上げたデザインのロングシャツや、両脚を縦断するようにファスナーを配したパンツもまた、身体性を浮き彫りにするデザインだ。


全体的に、どこかポエティックな浮遊感が漂っているのが印象的。力強さと繊細さ、優美さとソリッドな雰囲気といった、一見相反する要素や概念をそれぞれ共存させるにあたり、モチーフははっきりとした形をとらずに抽象化されている。たとえば、海辺の風景を思わせる不均一なグラデーションのワンピースや、火が燃えているようなペイントモチーフのプリントドレスがその好例だ。見方によって、何か特定のモチーフのようにも見え、単なる模様のようにも見える。

また、シャツのバックに配した“羽”の刺繍はあえて糸を長く残してその輪郭を曖昧にし、ブラックやホワイトのシャツやパンツ、ドレスには植物のようなグラフィックを描いたアップリケを散りばめた。また、実際の仮縫いで用いられていた写真を白黒プリントであしらったシースルーのシャツや、有刺鉄線や稲妻をグラフィティのようにしてプリントしたドレスなど、明確なモチーフをアブストラクトに落とし込んだピースが散見されている。


加えて、フェミニンさと粗野さをかけ合わせたデザインもアイキャッチ。フリルとギャザーを細かく重ねたオールブラックのチュールスカートは、フリルの端の部分をあえて残し、形を歪ませることで毒っぽい雰囲気を携えている。リボンをあしらったレースアップのドレスは、袖口や裾を断ち切り仕様にし、布地をたっぷりと使って歪なフォルムに仕上げることで退廃的なムードを漂わせた。

【関連記事】:冬の新作ファッションコーディネートをごゆっくりご覧ください

0 thoughts on “セリーヌ パーカー 2022年春夏コレクション – 心の奥底に“多面性”を抱えて”

  1. 「私たちは、このパイロット・ウォッチのような素敵なグリーンの文字盤で、適切なサイズ、そしてこのようなユニークなレザーにふさわしい、着用することを前提に作られたもの、つまり、完璧なウィークエンド・ウォッチと呼べるものを作りたいと思いました」と、同氏は話す。

  2. 2022年の春に向けて、女性の心をときめかせてくれるような新作バッグが人気ブランドから登場する。新生活を迎える人には通勤・通学にも使えるようなトートを、春の軽やかおしゃれを楽しみたい人にはトレンドのミニバッグを……自分好みのバッグを見つけて2022年の春ファッションを思う存分楽しんでみては。

パテック・フィリップ 価格 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です